自然体験を旅にプラス

旅の中でほっとする時間。

石川の自然とふれあい、違った視点に気づくとワクワク。楽しくなる。

“観光”とは「光を観る」という意。

私たちが提供するプログラムは、ただ“観光地”を見て回るのではなく、

自然やそこで暮らす人との関係・つながりとその意味に思いを巡らせ、

気づくことの楽しさを大切にするものでありたいと考えています。

 

それは、たとえば一見、どこにでもある水の流れや何気ない道端の草花であったり、

地元住民の日々の暮らしや昔からの慣習・しきたりであるかもしれません。

見逃してしまいそうな小さなことをわたしたちの光とし、体験し、知ることの楽しさ・喜び。

それを“TABITAIKEN”と名付けました。

 

ほっとできる小さな旅体験はいかがですか?

 

■春・夏の旅体験プログラム


摘み草のちいさな旅

金沢摘み草さんぽ

開催日   2019年3月23日(土)、4月20日(日)

開催時間  10:00~12:30 

 

えっ! こんな草が食べられるって、ほんと?

金沢のまちなかから少し足をのばして摘み草さんぽ。

 

そしておとずれる味覚体験はミステリーゾーン? 

続きを読む



水のちいさな旅

水をめぐる金沢核心部の90分TABITAIKEN

開催時間 3月の毎週火曜日の午前と午後の2回開催   

【午前】10:00~11:30

【午後】13:30~15:00   

 

金沢の中心部で水って? いったいどういうこと?

水をとおして金沢発祥の地を体感する、ちょっとナットクのミニツアーです。

続きを読む



能登のちいさな旅

【春の海】海駆ける巨大な旗 小木港とも旗まつり乗船!!

開催日   2019年5月3日(金・祝)

開催時間  10:30~15:30 

 

港にはためく数十メートルのとも旗。いったいこれは何?

 

古くから天然の良港として北前船が寄港し栄えた小木港。

冷凍スルメイカでは本州日本海側最大の水揚げがあります。

春の訪れを感じる御船神社(みふねじんじゃ)の春まつり。祭りの始まりは、子どもたちの遊びからで、船尾「とも」に旗をたてるので「とも旗」といわれるようになったとか。

 

続きを読む