案内人

いしかわを愛してやまない、楽しく愉快な、魅力あふれる案内人たち

大野
大野昭雄さん(おおのあきお)
<アッキー>

どこまでもとどまらないのがアッキー流!
      
主に夕日寺健民自然園、医王山(金沢)にて活動中。得意なジャンルは、五感で味わう自然体験。里山の人の暮らしと保全。①人と自然との出会いを大切にする ②自然の中で感動の歓びを分ちあう ③郷土の自然、歴史、文化に誇りを持つ ④自分の言葉・態度に責任を持つ を大切にしています。

いしかわ自然学校インストラクタ-、石川県自然解説員、森林インストラクタ-  


中西淑子さん(なかにし すみこ)
加賀友禅作家

自然と着物がすきな加賀友禅作家・伝統工芸士

金沢市出身。高校を卒業後加賀友禅の道に入るも、呉服等の売場に勤務しつつ作家活動を続け、長きにわたり在宅介護を経験してきたが、作家たるもの自分の身を切り売りするものと、様々な経験を生かす、転んでもただでは起きないタイプ。加賀友禅の歴史や技術分かりやすく伝えることで、今の時代に置き忘れてきたかのような大切さを感じてもらいたい。
一般財団法人民俗衣裳文化普及協会着付け講師


小嶋住江さん(おじま すみえ)
<すみぃ>

冒険大好き!めざせ、かっこいいおばぁちゃん

長野県安曇野生まれ、安曇野育ち。カナダに留学中、ボランティア活動をしにカンボジアとパレスチナへ。卒業後、家族とともにバングラディシュとインドに約3年滞在。夢はインドにダンス留学しバラタナティアムを学ぶこと。そして、かっこいいおばあちゃんになる!
いしかわ自然学校インストラクター


後藤理子さん(ごとう りこ)
<りこ>

野山が好きなふつうの小さなおばさんです

野山を歩くことが好きです。里の人々が通い利用する小さな里山から、修験者が信仰を寄せ祈りながら歩いた山々まで、人と山とのいろんな距離感を感じながら歩く時間を楽しんでいます。自然の中にあるものは何でも楽しみなのですが、特に植物に興味があり、山菜から野草、高山植物…勉強中です。趣味はピアノ。


澤一博さん(さわかずひろ)
<さわちゃん>

野宿にハマリスト

能登の里山里海をフィールドに、自身の生きる力を育む実践中。進化の途中です。仕事を力いっぱいやりつつ、OFFの時間は、志賀町上棚の請山(うけやま)山林で、山林の整備、薪炭作り、椎茸栽培の原木づくりやっています。山中でベースキャンプをコツコツと整備。鳥の囀りや森の香りに癒され、夜は火打石で火を起こし、星空を眺めながら野宿を楽しんでいます。中能登生まれ中能登育ち、2男1女の父。1級土木施工管理技士で監理技術者。ネィチャーゲームリーダー。のとスノーケリング研究会海もぐら所属。中能登天空里山の会所属。いしかわ自然学校インストラクター

川原英さん(かわはらえい)
<えいちゃん>

砂金堀りの魅力とは?

それは何億年も前から定められた運命の出会いである。金はとても安定な元素である。その金が誕生していらい、変わらないその姿のまま何億年の時を経て、いま私の眼前に鈍い輝きを放っている。やっと会えたね。


桔梗三千雄さん(ききょうみちお)    <ミッチー>

野山遊びで健康づくり

石川県能登町生まれ。生家は漁業・水産物仲買・加工業を営む。所有の山林の整備を行い、間伐した広葉樹を独学でオリジナル家具やオブジェを製作・創作活動を行う。間伐した広葉樹を皮をむいて磨き、クラフト用の木材”ピーリングウッド”の販売も手掛ける。山の手入れで生涯現役!  ワークス・グリーングラス主宰(能登町小木)


池森貴彦さん(いけもりたかひこ)
<いけちゃん>

春夏秋冬~海の食材を楽しんでいます!

石川県能登町生まれ。幼少の頃から海に行き、自作したヤスで魚を獲ったり、自作した筏で海に漕ぎ出したりして自然に親しむ。大学では水産学を学び石川県庁へ。97年のナホトカ号重油流出事故に際し、県内全域の沿岸に生息する動植物への影響調査を担当。その後も海藻や藻場の生理生態についての調査を続けている。また、能登の海藻食文化を未来に繋ぎたいと、自らも料理するなど活動中。「能登の美味しい海藻ダイジェスト」著。「農家民宿サポートブック能登の海藻編」監修。


藤田智子さん(ふじたのりこ)
<ふっちゃん>

のんびり、ゆっくり

自然と関わりながら長い時間がたちました。揺れる木々の葉やきらめく光にいやされ励まされ歩んできたように思います。自然の中の心地よさをみんなで体験できたらいいな(^^)/ いしかわ自然学校インストラクター


坂下卓志さん(さかしたたくし)
<タク>

年じゅう祭りのことを考えているお酒好きなお人よし

「頼まれごとは試されごと」をモットーに、人から頼まれたことは成長の機会ととらえいろんなことにチャレンジしています。50歳をすぎてからは人生を楽しもうと前向きに遊んでいます。能登町小木在住。地域の防災活動や祭りばやしの横笛を子どもたちに教える機会もいただています。海での泳ぎや釣り等地域の文化、自然、食を日々の暮らしの中で存分に楽しみ、最近はハンドメイドのレザークラフトにはまり中。


藤田祥一さん(ふじたしょういち)
<めがねさん>

ポジティブに行動するのが好き!

京都から金沢に移住して30年…..目を奪われような四季の自然の豊かさを楽しんできました。山、川、海、そして里山の恵を感じインタープリテーションができたらいいなと思っています。いしかわ自然学校インストラクター



吉田洋さん(よしだひろし)
Hakusyann Bien

自然も人も大好き、好奇心旺盛で話し好き

生まれは「石川県能美市(旧根上町)」で、1954年8月生まれ。子供2人に孫3人です。20~50代にかけて、仕事は都市計画・地域計画・まちづくり・村おこしなどに従事しましたが、60才を過ぎて、自分の時間や趣味に主軸を移し、仕事は週に2~3日程度にし、自由時間を博物館、美術館、図書館、NPOセンター、里山巡り、温泉巡りなどに当てています。『白山手取川ジオパーク公認観光ガイド』では、フィールドを白山市と能美市の里山や手取川流域になります。

いしかわ自然学校インストラクター


吉田夏子さん(よしだなつこ)
<ジャスミン>

自然と子どもが大好き!

小松市出身。今は石川県立大学大学で環境問題について勉強中。サークル活動では学生ノートックで子どもたちを対象としてキャンプを計画・実行しています。他にも学童保育でのワークショップなども行なっています。子ども達に、自然と触れ合える環境の中で、普段味わうことのできないわくわくするような体験を通し、仲間を思いやる心を育んで欲しい!がモットーです。大好きな自然を大好きな子どもたちにと一緒に楽しめたらいいな(^-^)


有本紀子さん(ありもとのりこ)     <まっちゃん>

人や野生動物の気配がする谷間にときめきます☆

田んぼに囲まれた平野部で育ち、金沢の建設コンサルタント会社に就職したものの、新しく設計・造成しなくても、ちょっと街から離れた里山や森にある、自然からなるきれいなもの面白いもの美味しいものに触れて悦に入るようになりました。
特に自然のいい香りが好きです。

TABITAIKEN事務局

越石あきこ(こしいしあきこ)
<もちこ>

空想好き!涙もろくてお世話好き
TABITAIKENネット代表


能登の海と森をあそび場として育つ。自然を学び、健やかに、私が私らしく暮らすことを日々実践中。いしかわ自然学校インストラクタースクール主任講師。いしかわ自然学校で人材育成に取り組み、石川の自然大好き仲間のネットワークが宝物。現在は金沢と能登の二拠点暮らし。ほっと石川観光マイスター、自然体験活動推進協議会トレーナー、全国体験活動指導者認定委員会主任講師、自然体験コーディネーター、夕日寺自然体験実行委員会代表 workshopおゝぎの番や/グリーンキーパーズ


栂典雅(とがのりまさ)
<のんべぇ>

山と酒をこよなく愛する自称、野人(野蛮人に非ず)
TABITAIKENネット副代表


金沢に生まれ育ち六十数年。現在も市内中心部に住む金沢大好き人間ながら、City派にはほど遠く、山と酒をこよなく愛する野人(自然人・ナチュラリストと呼んでもらえることも)。学生時代から白山をはじめ全国各地の山に登り続けているが、そのへんの名もなき峰や沢をほっつき歩き、彷徨うことも好む。得意分野は、山菜・きのこ。
森林インストラクター。山楽同人“やぶ”主宰。著書に『白山*花ガイド』(橋本確文堂)、『花の山旅 白山』『山と高原地図 白山』(山と渓谷社)など。

タイトルとURLをコピーしました