ピーリングウッド 

森林・里山・山など、木は身近なところにあります。しかし、その木と人との関係性が見えにくくなってしまいました。私たちは生活の中で、どのくらい木とふれているでしょうか?

身近な里山のこの木のぬくもり、良さを手元において、ふれて、感じて、その良さを知ってもらうために、山の手入れの際に伐った枝を、きれいに皮をむいて、汚れをおとし、乾燥させて、次の新しい役割 ”人のそばにいて癒してもらう”ピーリングウッド(peelingwood)としてデビューしました。
クラフト用の材料として、建築用の材料として、そのままオブジェとして、リーピングウッドをご活用いただけます。

持続可能な地域社会のためにも森林・里山の維持管理に森の木を伐って、資源を有効に利用し使いましょう。SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))な取り組みをご支援、ご協力をお願いします。

木工作家である安西芳輝さん、奥様の空間コーディネーターの安西好乃美さん(株式会社やまのおうち)が制作したもりのあそび場『くるけ』(加賀市)、そらのあそび場『ハレノチクモリ』(小松市)他で、蔵人新宇のカフェ(群馬県みどり市)でピーリングウッド、またピーリングウッドで制作した手作りチェアほか家具を使っていただいています。※手作りチェア等の制作者は桔梗三千雄氏(グリーングラス主宰:能登町在住)
お近くの方はぜひ足を運んで、触れて、その心地よさを体感してみてください。


ピーリングウッドづくり体験(木の皮むき体験)も承ります。身近な自然環境を学び行動するSDGsツーリズム。体験内容はこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました