のんべぇの ” 山歩塾 ” 

TABITAIKENネットでは、山歩き大好き人間・仲間を増やすために、1年を通して身近な山を歩き、楽しみ方を体験してもらう“山歩塾”を始めることにしました。

山歩きをしたいけど、ひとりではちょっと・・・とか、山の植物や生きものを知りたいのに、どこへ行けばよいのかわからない、といったみなさん、ぼくとご一緒しませんか?

現在、2022年度会員を募集しています。定員は6名であり、定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お早めにどうぞ。

□対象・定員 こんな人を募集します 2022年度は定員に達しました。

様々な山歩きを体験してみたい、山の自然や文化を楽しみたい、将来的に山の案内人になりたいなどと思っている大人(初心者でもOK)6名限定 ※定員に達し次第締め切り致します

□講師・案内人

TABITAIKENネット副代表 「のんべぇ」こと 栂 典雅 (とが のりまさ) 

山と酒をこよなく愛する自称、野人(野蛮人に非ず)
金沢に生まれ育ち六十数年。現在も市内中心部に住む金沢大好き人間ながら、City派にはほど遠く、山と酒をこよなく愛する野人(自然人・ナチュラリストと呼んでもらえることも)。学生時代から白山をはじめ全国各地の山に登り続けているが、そのへんの名もなき峰や沢をほっつき歩き、彷徨うことも好む。得意分野は、山菜・きのこ。森林インストラクター。山楽同人“やぶ”主宰。著書に『白山*立山 花ガイド』(橋本確文堂)、『花の山旅 白山』『山と高原地図 白山』(山と渓谷社)など。

□年間スケジュール ※天候、その他により変更になる場合があります。

区分期日テーマ・キーワード場所・コース備考
プレ
山歩塾
4.16 (土)早春の花と食べられる野草
ハイキング
*一般募集・会員募集
医王山・医王の里~
夫婦岩
野草の天ぷら
第1回
山歩塾
5.14(土)金沢の水源・犀川水系の山
初夏の花と山菜、沢・藪漕
ぎ体験
犀鶴林道尾ノ谷峰
送電線巡視路
ウド、かたは
(ポケットパーク
で野営体験?)
第2回
山歩塾
7.2 (土)白山国立公園の山
高山の花、信仰の道・禅定
道、白山眺望
赤兎山小原道ニッコウキスゲ
コバイケイソウ
ササユリなど
第3回
山歩塾
9.23(金・祝)初秋の奥医王山
きのこ、立山連峰眺望
医王山小原道いっぽんしめじ
など
第4回
山歩塾
10.22(土)犀川・浅野川分水嶺の山
紅葉、木の実、くるみ拾い
吉次山娚杉少年の森→
山頂→林道・川谷
サルナシ、
ヤマブドウ、
ブナなど
第5回
山歩塾
12.3 (土)白山麓の山で信仰遺跡探索
くるみ飴炊き作り
下吉野大谷一帯・送電
線巡視路 L.よしの
祇陀寺跡など
第6回
山歩塾
1.28 (土)金沢近郊の身近な山
雪山・かんじき体験
冬のブナ林と動物・冬芽
戸室山戸室権現
第7回
山歩塾
3.4 (土)
or 11、18
残雪の道なき山、白山遥拝
修了・打ち上げ
白山麓
L.よしの
笠山、火燈山、
尾木平など
<プレ山歩塾>早春の花と食べられる野草ハイキング募集要項

□会費

・年会費:6,000円/人
 *当初に一括納入していただき、年度途中に退会されても原則、返却しません。
・山歩塾参加費:各回3,000円/人(ただし、交通費・その他の実費を伴う場合あり)
 *年会員及び各回の定員(6名)に満たない場合など、会員以外の参加者を募集する場合があります。(その場合は、参加費4,000円)


□その他 よくありそうな質問と答え

Q1:「初心者でもOK」とあるが、藪漕ぎなどもあり、相当の体力が必要ではないか?また、装備もいろいろ必要では?

A:例えば、さほど急ではない山道を5,6時間、登ったり下ったりできるほどの体力・身体能力があ れば、問題ないでしょう。装備などは、経験しながら必要な物をそろえていけばよいし、その都度アドバイスします。
 

Q2:なぜ、会員制(年間)にするのか?

  A:山には四季それぞれ、そこでしか味わえない魅力があり、活動内容も服装・装備も変わっていきます。年間を通して、そうした一連の体験をしてもらうには、会員制の方が適していると考えました。また、毎回の参加申込が簡単にでき、気軽に質問や相談をして頂けるということに加え、同じメンバーで活動することにより、お互いのきずなが深まるということも利点だと思っています。    

Q3:そのほかにどんなメリットがあるのか?

A:毎回の参加費は、TABITAIKENネットが提供する同類のプログラムに比べて、3~5割以上安く設定してあります。それは、仲間や指導者を増やすことを目的とした試行であることと、毎回、一定の参加者が見込めるということもあります。また、「いしかわ自然学校プログラム 医王山ガイドトレック」(年4回)の参加費(@6,500円)一部助成も考えています。

Q4:都合で欠席する場合、キャンセル料が発生するのか?

A:各回の不参加におけるキャンセル料は、想定していません。ただし、年会員自体を取りやめる場合の年会費は原則、返却しません。なお、年会員の申し込みが定数(6名)に満たない場合や各回の事前に会員の不参加が分かっているときは、一般参加者を一定数募集することを考えています(参加費は4千円程度)。また、不運にも不参加が続くなどした場合、一定の条件がそろえば、別途「補習」を行うことがあるかもしれません。

Q5:予定表に「初夏の花と山菜」や「きのこ」とあるが、どの程度教えてもらえるのか?
   また、それらを採取することができるのか?

 

A:塾長(案内)を務める栂は、よく目にする花などは概ね分かっているつもりですが、4,5千種ともされるキノコは、主要な食・毒ごけ(方言)を見分けられる程度です。ただ、現地で分からなくても写真等を基に調べ、判明すればお伝えできるのも山歩塾ならではないかと思っています。また、山菜やきのこの採取については、なかなか難しい問題があり、そのことも活動のなかでお伝えしたいのですが、採取することだけが目的ではなく、あくまで山の楽しみの一つ、あるいは自然と人との関りを体験を通して学ぶといったことを前提に、自然に配慮したうえでの採取になるかと思っています。なお、山菜というより「意外に美味しい身近な野草」といったことも取り上げていくつもりです。

2022年度は定員に達しました。単発の医王山ガイドトレッキング等にご参加お待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました