体験プログラム

森と海つながり発見 SDGsスタディツアー

体験プログラム

時期 7月~9月 
時間 18:30~20:00(約90分)※ただし、基準スケジュール・コース  
会場 九十九湾遊歩道(能登町越坂)のときんぷらそば

能登の里海・九十九湾はリアス式海岸で、生物相のとても豊かな海です。
緑濃い照葉樹林の森が、ぐるっと湾の周りを囲んでいます。
アカテガニは、遠くはるか昔から、この海で生まれ、この森を棲みかとしてきました。樹木の根っこのすき間や葉っぱのかげで、赤くかわいいにこちゃんマーク入りの甲羅を見つけることができます。
しかし、アカテガニの赤ちゃんは、海でしか生きることができません。
夏の大潮の夜、お腹いっぱいの卵を抱えた母カニたちは、森から海へと向かいます。海へ入ると体をふるわせ、卵からとびでた幼生カニを海へと放ちます。生命の誕生”放仔”の瞬間です。
この生命の誕生をその目で確かめてみませんか。

1匹の母カニから放たれる幼生は数万匹。しかし森へ帰ることができる子カニはわずか1~2匹とか。この生命があるということは奇跡です。

夏の空をながめ、大自然を体で感じ、この小さなカニと宇宙と私たちとがつながる感覚を体験してみませんか。

案内人:大島幸代さん<ana>、鈴木裕子さん<すーさん>、松本明子さん<まっちゃん>、越石あきこ<もちこ>ほか


□時期 7月~9月上旬のうち、ご希望の期日を承り、調整します。
□時間 18:30~20:00(約90分)
□集合 のときんぷらホテル玄関前(能登町越坂11-51)
□モデルコース一例(参考)
18:30 のときんぷらホテル玄関前(能登町越坂)に集合、オリエンテーション⇒九十九湾遊歩道にてアカテガニの生態についてレクチャー・観察<60分>⇒星空観察、ふりかえりとわかちあい<30分>⇒20:00解散 ※ホテルへ
以下は宿泊した場合の、オプションスケジュール・コースです
(二日目)09:00 ①グリーングラス(能登町小木)に集合、森の整備と木の利用について、見学またはクラフト体験<60~120分> (休憩・ティータイム含む)移動⇒②真脇遺跡縄文館着、館内見学、環状木柱列と縄文小屋見学・火起こし・焚火体験<60~120分>11:30終了
※天候その他により一部変更となる場合があります。※時間帯・スケジュールは相談に応じます。
□対象  幼児から大人まで
□参加費  大人・中学生以上6,600円、小学生以下3,300円、未就学児1,100円、3歳以下無料
※お茶・お菓子付き、ガイド料含む。※オプションスケジュール(二日目)の参加費は、別途2,000円~ + 施設入館料あり 詳細はメールにてお問い合わせください。
□定員  5~10名程度 ※最少催行人数5名。
□注意事項その他
・荒天の場合は中止です。中止の場合は開始時間の2時間前までに連絡いたします。
・天候その他により、予定したコースが変更となる場合があります。
・服装や装備品など必要と思われる情報については、事前にメールでお知らせします。
・参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようご準備をお願いします。
・開催5日前以降のキャンセルはキャンセル料をいただきます。キャンセル料についてはこちら
・集合場所までのアクセスについてご不明な方はご連絡ください。

2022年8月に実施したモニターツアーの様子はこちらからご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました