体験プログラムまち歩き手しごと

金沢の“金”を巡る体験ツアー 

体験プログラム

~民話「いもほり藤五郎」から考える金沢の自然と歴史・文化~

兼六園の金沢神社横にある「金城霊澤(きんじょうれいたく)」は、金沢の地名発祥の地とされています。山芋掘りを生業(なりわい)とする「いもほり藤五郎(とうごろう)」がここで芋を洗い、砂金が採れたことから、「金洗い沢」と称され、金沢の名が生まれたという民話があり、市民の間にも広く知れ渡っています。

なぜ、そのような民話が生まれ、伝えられたのかということを考えると、金沢の自然や歴史・文化と地名の由来ともされる”金“との間に少なからぬ関係があるのではと思えてきます。

今回は、原点である金城霊澤を訪れ、犀川で金沢の地形・地質や金山、砂金採りなどについて学んだ後、日本の金箔生産ほぼ100%を占める金沢の金箔について理解を深めるなど、知的好奇心を刺激しながら、金沢の”金”を学び楽しむ体験ツアーです。

案内人:栂典雅(とが のりまさ)<のんべぇ>、越石あきこ(こしいし あきこ)<もちこ>
お話し:三谷幹雄さん(石川県地学教育連絡会事務局)、体験指導:川原英さん

□時期  4月~11月上旬まで 
□時間  13:00~17:00(約4時間)
□集合  13:00 金城霊澤前(兼六園金沢神社横) 
□コース(予定)
13:00金城霊澤前(兼六園金沢神社横)に集合・オリエンテーション、金城霊澤と民話「いもほり藤五郎」→タクシー移動 犀川河川敷にて、地形・地質のレクチャーと砂金採取体験、休憩・ティータイム→タクシー移動 16:30ごろ 安江金箔工芸館 17:00終了・解散 
※天候その他により、予定・コースが変更となる場合があります。
※安江金箔工芸館の休館日はこちらから確認をお願いします。安江金箔工芸館公式Webサイト
□対象  大人(中学生以上)、ただし保護者同伴の場合、小学生も可  
□参加費 5,000円(税・保険料・茶菓サービス含む)
     ※移動のタクシー代、安江金箔工芸館の入館料は別途
□定員   4~6名程度 ※最少催行人数4名。
□注意事項
・参加ご希望の方はご希望の日程についてお知らせください。
・服装や履物等の詳細については、事前資料をメールにて送付案内します。
・参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようご準備をお願いします。 
・開催5日前以降のキャンセルはキャンセル料をいただきます。キャンセル料についてはこちら
・集合場所までのアクセスについてご不明な方はご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました