もちこの雑記

もちこの雑記あれこれ

もちこの雑記

2022年もどうぞよろしくお願いします。
”もちこの雑記”では、「TABITAIKEN」代表のもちここと、越石あきこが、普段の生活の中でいろいろメモっておきたいことをここに書いておきます。あんまり人のお役にたてるものではありません。ご了承ください。

1996年4月。私は決意する。親・祖母やこれまで多くの先輩方から教えてもらった大切にしたいことを、次の世代へリレーのバトンのようにつないでいこうと。

いしかわ自然学校に出会い、多くの仲間に恵まれ、自然の中で同じ時間を過ごし、感動を共有し、夢を語ってきました。
夕日寺自然体験実行委員会」では、おもに活動場所を夕日寺健民自然園をホームグランドとして、ちいさなお子さんから上は80歳すぎの方まで、自然と人とふれあえる体験活動を提供しています。現在も活動を継続して実施中。

他に、叔父から受け継いだ漁師だった叔父の築90年ほどの町屋(母屋)と倉庫を交流の拠点として活用するため「Workshopおゝぎの番や(能登町小木)」を運営。現在は母屋はTABITAIKENの能登での活動拠点に、倉庫は、東京から移住してきたイタリアンシェフが営業するイタリアン料理の能登×シチリアさんとなりました。小木港の漁師さんとコラボし、能登小木港沖のアカモクを毎年春先に採取し、湯通し後カットして味付けなしの天然アカモクとして冷凍販売しています。能登九十九湾周辺の森と海を行き来する”アカテガニ”をシンボルとして、森と海と自然・文化の多様性を知ってもらえるように森と海の活動ユニット「グリーンキーパーズ」の事務局も担当しています。

「TABITAIKEN」「夕日寺自然体験実行委員会」「グリーンキーパーズ」そのどれもで、石川県の自然ファンの輪をひろげるために、自然とふれあえる体験の企画と運営を行っています。森が好きすぎて、森にはいり森林浴や木を伐って整え、クロモジや能登ヒバを利用して水蒸気蒸留するなど。森をもっと体感してもらうにはどうしたらいいか?日々奮闘中。海も大好きで、海あそびを案内したりなど、自然を感じて、好きになって、大切にするというサイクルを無理なくできるようになったらいいなぁ~と願っております。

そんなもちこの、多少、はちゃめちゃな人生の中であれこれ考えていること・やっていることをメモとして綴っていきます。おひまなおりに、時々のぞいていただけたらうれしいです。

もちこの instagram 

タイトルとURLをコピーしました