山下優子さん(ゆう)

 

 

 おしゃべりが好き、子どもが好き。教師生活30うん年で、めでたく定年退職しました。 

現在は、これまでの経験や学んだカウンセリング心理学を活かし、先生たちとの研修や相談活動をしています。
食を共にすることは、命をわかち愛をわかち合うことに通じる、という信念から、たくさんの人に里山の恵みを

わかち合うため、笹寿司やお菓子作りにも奮闘しています。
近い将来、活動拠点となる里山のベースキャンプを作ることを夢みています。


教育カウンセラー、白山市食生活改善推進委員、しまんと新聞バッグインストラクター